結婚式など特別な日の服装は入念な準備が大切です

キラキラのドレス

会場によって決める

青いドレス

結婚式の服装コーディネートはたくさんの種類がありますが、会場によって着用するものを考えると、よりおしゃれに見せたり、上品な印象に見せたりすることが出来ます。
なお、昼間の結婚式に参加する場合は、露出が少なめの物を選ぶことが大切です。
胸元や肩を露出させてしまうと、あまり品のない人だと思われてしまいます。
そのため、肩や胸元が見えにくいように、ボレロやショールを羽織るという服装コーディネートを行うようにしましょう。
なお、夕方からの結婚式である場合は、肌の露出については多少許されるので、過度にならない程度でコーディネートを楽しむと良いでしょう。
また、仕事関係である人の結婚式に参加するという場合は、きちんとした印象の服装を心がけておくことが大切です。

最近は、ホテルだけではなくレストランウェディングを行うというパターンも増えていきました。
レストランウェディングでは、くだけた雰囲気で過ごすことが出来るというメリットを持っているので、あまり真面目になりすぎなくて良いという印象です。
そのため、カジュアルな服装でも馴染むので、あまりマナーから逸れ過ぎない程度でコーディネートを考えておくのも大切です。
また、二次会に参加するという場合は、ロングドレスを着用するというコーディネートもあります。
結婚式と二次会それぞれ着用する服装を変えておくことによって、よりおしゃれを楽しめることが出来ます。

Copyright© 2015 結婚式など特別な日の服装は入念な準備が大切です All Rights Reserved.